良い状態を維持することで、草取りや抜根、剪定などの手入れが楽に!

キレイな庭を維持するために手入れが必要

草刈り道具

庭は、放置したままだとみるみるうちに荒れてしまいます。ここでは、庭の状態を維持するために必要な手入れを紹介します。

庭をキレイにする手入れ

雑草が生えている状態を解消するにはどうしたら良いですか?
庭造りで最も大事な作業は草取りです。定期的に実施することで、庭の衛生状態と美しさを維持しやすくなります。また、草取りをこまめに行なうことで、病害虫の発生も未然に防げます。庭の雑草を放置していると、手入れが大変になるので、できるだけ定期的に実施するようにしましょう。草取りを行なっている業者を上手く利用すると、手入れはグッと楽になるでしょう。
庭木が生長して枝が多い場合はどうしたら良いですか?
不要な枝を剪定する必要があります。不要な枝を切り取ることで、庭木の生育を正しく促すことができるのです。剪定後の庭木は病害虫に強くなるばかりでなく、見た目もスッキリとして美しくなります。また、風通しと日当たりが改善されるという点も大きいです。但し、剪定する枝はきちんと見極めなければいけません。必要な枝を切り取ってしまうと、木は枯れやすくなってしまいます。
切り株を撤去するにはどうしたら良いですか?
庭木の抜根を行なう理由は、いくつかあります。切り株から生える新芽を育てて木を再生させるため、枯れた切り株をシロアリやハチが巣にしないようにするためなどです。病害虫が原因で枯れてしまった木の切り株を残してしまうと、特に良くありません。抜根が必要な切り株は業者に依頼して、撤去してもらいましょう。

草取り・剪定・抜根は業者に任せた方が良い

草取りや剪定、抜根は業者に依頼した方が良いです。業者にお願いすることで、様々なメリットを得られるからです。庭の手入れを自分で行ないたいという人も庭木の健康状態を確認するために、定期的に業者を利用すると良いでしょう。

業者に手入れを行なってもらう

草取り後の雑草を処分してくれる
草取り時に出た刈草は燃えるゴミとして処分したり、地域の決まりに従ってゴミに出したりすると思います。少量であればそうしやすいと思うのですが、大量の場合は処分に困ってしまうでしょう。業者では、草取り時に発生した刈草の処分も行なっているので安心です。自分で処分する場合に比べて費用が多少掛かりますが、刈草に付着している害虫の心配も要りません。
自分で剪定をしないので負担はない
庭木の剪定で気を付けなければいけないのが、作業中の転落事故や刃物による怪我です。高所や難所の剪定を行なう場合は、特に注意が必要です。実際に、庭木の剪定中にハシゴを踏み外して、大怪我をした人は少なくありません。業者なら作業範囲と足場の確保をしっかりと行なうので安心です。また、専用の道具を使って剪定を行なうので、難所や高所であっても仕上がりが綺麗です。
太い切株の抜根でも問題ない
切り株の抜根は個人で行なうのが難しいため、伐採の際に併せて行なわれることが多いです。残していた切り株や、台風で折れた木の切り株を抜根したい場合は業者に依頼しましょう。業者は重機を使って抜根を行ないます。そのため、確実に切り株を撤去できます。抜根の料金は現地の状況を見て決まることがほとんどなので、早めに業者に相談すると良いでしょう。

キレイな庭にするためには業者が一番

草取りや庭木の剪定、伐採や抜根にはいずれも危険が伴います。庭が大きい場合は作業も重労働になるでしょう。忙しい人や体力があまりない人、以前害虫に刺されたことのなる人などは業者に依頼した方が良いです。作業が早いだけでなく、庭の状態を見てもらい、必要なアドバイスをもらうこともできます。個人で手入れを行なうとかえって費用が高くなることもあるので、まずは業者に相談してみると良いでしょう。

TOPボタン